免許の更新の視力検査でコンタクトつけたままはばれる?ばれたらどうなる?

スポンサードリンク

今までは裸眼視力でも大丈夫だったのに、視力が低下してしまい、

コンタクトレンズを使用している方も多いのではないでしょうか。

そんな時に限って免許更新のお知らせのハガキが届いたりするものです。

免許更新で眼鏡等使用なんて付けられたくないと思ってしまう事もあるのではないでしょうか。

ではコンタクトをしても検査官にはばれないのでしょうか。

免許の更新の視力検査でコンタクトつけたままはやっぱりばれる?

免許更新をする場合には、免許更新センターや免許更新ができる警察署で行う事が出来ます。

この時に必ず受けるのが、視力検査です。

最近視力が落ちた~と思っている方はドキドキしちゃう瞬間でも有ります。

免許更新をする時の視力検査に合格する視力は両目で0.7以上片目で0.3以上の視力が要求されます。

これは裸眼でもメガネを着けていても同じです。

それも、2~3分程度で判断をされてしまうのは、凄いです。

この時に検査官から裸眼の方はコンタクトを着けていますか?と効かれます。

これは、聴力検査も兼ねているので、必ず、すんなり答えた方がいいです。

ただコンタクトレンズの着用をしているのに、コンタクトは着けていませんと答えた場合には、検査官にばれてしまうのでしょうか?

視力を測るだけだから、コンタクトを着けている事は、わからないだろうなんて思ってしまいます。

しかし、世の中そうは、甘くは有りません。

免許更新に使われる視力検査の機会は、ほぼ最新鋭に近い物を導入しているところが多く、

検査官にコンタクトは着けていませんと申告しても、機械がセンサーなどで

コンタクトを使用しているかを判断し、検査官にランプの点灯で知らせる仕組みの物が多いです。

つまり、視力検査をしていると同時にコンタクトの有無を機械が判断している事になります。

当然この場合には、検査官から注意喚起される事になります。

虚偽申告にあたる事になる場合がある事は利回しておきましょう。

スポンサードリンク

視力検査でコンタクトをつけることがばれた場合どうなる?

免許更新の時の視力検査でコンタクトレンズを着けているのに、

着けていない事が検査官にばれてしまった場合はどうなるのか?

2014年6月の道路交通法改正の時に、病気等の質問に回答する義務が加えられました。

法律上の義務は、確実に答えなさい!と言う事をさします。

この義務に対して違反した場合には罰則が当然ながら付いて来ます。

免許更新時のコンタクト使用を隠した場合には、虚偽申告をした事になりますから、罰則の対象となります。

1年以下の懲役または30万円以下の罰金

コンタクトをしていないとウソを付いただけで、刑務所に行くか、

罰金を支払わなければならない事になります。

たった一言、コンタクトを着けていますと言えば問題が無いのに、

つけていいませんと答えただけで、前科が付く処分がされる事になるのです。

これってかなり大ごとです。

こうならないように、コンタクトを使用している場合にはちゃんと答えるのが一番です。

免許証に眼鏡使用と書かれても、恥ずかしい事ではありませんからね。

女性の方でカラーコンタクトを使用している場合はどうかと言うと、

視力検査は受ける事は出来ます。

但し、写真を取る際にはカラーコンタクトを外すように警告を受けます。

警告ですから、次は有りませんと言っています。

素直に警察官もしくは、検査官の言う事を聞くのが一番と言う事になります。

まとめ

免許更新をする時にコンタクトはばれるのか?について紹介してきました。

免許に眼鏡等使用と記載されるのが嫌なら、目を酷使しないことです。

運転免許証を見せる機会はそれほど多くは有りませんから、

眼鏡等使用と書かれていても気にしないのが一番です。

それに財布等に入れてしまえば、ほとんど見る事は有りませんからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする