子供が車酔いしないための意外な?対策と酔った場合の対応について

スポンサードリンク

長期休みに遠出をして遊びに行くご家庭も多いでしょう。

しかし長時間車で出かけるとなるとお子さんが

車に酔ってしまわないかということも心配になりますよね。

車酔いすると気分も下がってしまいますし、

その日が楽しめなくなることも…

また1度車酔いをして嫌な思い出として残ってしまうと、

その後車で遠出をするのが苦手になってしまうお子さんも

いらっしゃるそうです。

今回はこどもが車酔いしないための対策や

酔ってしまった場合の対処法についてご紹介します。

子供が車酔いしないためのベストな方法とは?意外な対策とは?

車酔いは不規則な加速や減速が続き車が揺れることで、

耳の中にある三半規管が刺激されることで起こります。

内耳が刺激されることで自律神経系や平衡感覚が乱れてしまい、

めまいや吐き気、頭痛などの症状があらわれます。

特に三半規管が未発達な子供は大人に比べて

車酔いしやすいといわれています。

大人より車に慣れていないこともあるため、

お子さんを連れて遠出をする際は必ず車酔いに

注意してあげるようにしましょう。

まず車酔いをしないためにも気をつけておきたいのは

当日のお子さんの体調です。

体調がよくないと特に車酔いしやすくなってしまいます。

前日、当日はお子さんの体調を特にチェックし、

もし長時間車に乗るのが心配な状態でしたらどうするのか

ご家族で相談するようにしましょう。

出来るだけ万全な体調にするためにも前日は疲れすぎることはせず、

睡眠もしっかりとらせるようにしましょう。

車酔いの予防として大人も使うのが酔い止めの薬ですよね。

長時間車に乗らなくてはいけない場合、

必ず飲ませるようにしておきましょう。

お子さんに飲ませる場合は小児用がありますので、

そちらを服用させてあげてください。

車酔いの克服方法として三半規管を鍛えるという方法もあるそうです。

スポンサードリンク

前転や鉄棒、トランポリンなどは三半規管や平衡感覚を

鍛えるのに適しているそうです。

かなり前から遠出が決まっているのであれば

そういった方法で車酔いしにくい体質を作っておくのも

良いかもしれませんね。

また楽しく出かけられるためにも車に慣れさせておくことも

大切かもしれません。

あとは酔いにくい環境づくりを心がけてあげましょう。

空腹すぎても満腹すぎても車酔いしやすいといわれています。

途中での食事には十分に気をつけましょう。

過度なストレスも良くありません。

車のなかでもお子さんがリラックスできるように

環境づくりをしてあげましょう。

初めて遠出をする場合は特に慣れない環境だとストレスを感じます。

自宅にあるお子さんの好きなものなどを車に乗せて

家にいる感じを作ってあげるのも良いでしょう。

ただしゲーム機などはずっと下を向いてしまうこともあり、

酔いやすくしてしまうので車の中では避けるようにしましょう。

締め付けもよくないので遠出の際はきつくない緩めの服装で

出かけるようにしてください。

出来る限り車を止めるなどしてリフレッシュさせてあげましょう。

酔ってしまった場合はどういう風にするのがいいの?

もし少しでも車に酔ってしまったようであれば

洋服やシートベルトを緩め、1番楽な姿勢を

取らせるようにしましょう。

車が揺れていると酔いが酷くなる可能性もあるので

駐車や停車が出来る環境であればすぐに車を停めるようにしてください。

もし車がすぐに停められない場所であれば

目を閉じると揺れを感じやすいので目を開けた状態にし、

なるべく遠くを見るようにさせてあげると良いでしょう。

1番大切なことは刺激を与えないということです。

臭いのキツイ物などを近づけたりせず、

お子さんがストレスを感じないようにしてげましょう。

また窓を開けるなどして新鮮な空気を入れてあげることも大切です。

まとめ

成長するほど車や乗り物に乗って遠出するということは増えていきます。

乗り物に乗ることが苦手にならないためにも

小さいときの遠出は親御さんの配慮が

とても大切になってきますよね。

事前に良い対策や予防などをしっかり把握しておき楽しい車の旅にしてあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする