ビニールプールの穴を補修する上手な方法とは?

スポンサードリンク

今年も去年使ったビニールプールで子ども達を、

暑さから解放してあげようと思っているママさんもいるでしょうね。

子ども達が冷たい水で気持ち良く遊んで笑顔を見せてくれるだけでも、

ビニールプールを出したかいがある物です。

そんな時に限ってビニールプールから空気が漏れていたりするんですよね~。

子ども達の事を考えると修理ができればと思っちゃいますよね。

ビニールプールの穴を補修する上手な方法とは?

ビニールプールの穴があいている箇所をまずは特定しなければなりません。

大きい穴なら、空気を入れていくとシューシューと音が聞こえますが、

小さい穴だと音すら聞こえません。

何か所開いているかもわからない状態だと、その都度補修するのは面倒です。

穴があいているとわかった段階で一気に全部を調べちゃいましょう。

手っとり早いのが、石鹸水を作ってそれを全体に塗ります。

後は空気が漏れている所はカニが泡を吹いている様な感じなっています。

後はその穴を塞ぐだけです。

その穴を防ぐには、ビニールプールと同じ素材の物を使用する事です。

大体のビニールプールは塩化ビニール製で出来ている事が多いです。

塩化ビニール又はPVC(ポリ塩化ビニール)の物で穴を塞ぎます。

使わなくなったレインコートや穴だらけのビーチボール等が使用できます。

これをカッター又はさみなどで穴の大きさよりも大きく切り取ります。

後は接着ですが、接着材は何でもいいと言う訳ではなく、

ビニール用と書かれている物を使用しましょう。

ビニールプールの穴の周辺と切り取った塩化ビニールに接着材を塗ります。

ここははみ出しても拭き取れば問題ありませんから多少多めでも大丈夫です。

後は貼り付けます。

この時に擦りつける感じで張りつけ、穴とアテの間に空気が入らない様にします。

後は接着材の乾燥を待つだけです。

一応一日は余裕を持っていた方がいいかもしれません。

これで穴補修は終了です。

スポンサードリンク

結構簡単に出来ると思いませんか?

張りつけた部分の色が気になる様なら透明の塩化ビニールを使用すれば

下地が透けるので目立たなくなると思いますよ。

そもそもビニールプールに穴があかないようにするにはどうしたらいいの?

ビニールプールに穴があかないようにするには、保管方法が肝になります。

例えば、ビニールの水着バックなどでペッたりと張り付いてしまって

なかなかうまくはがせないと言うことがありますよね。

ビニールプールでも閉まっている間にビニール同士がくっついてしまい、

剥がした所に穴があいてしまう事もあります。

これは昨年プールをしまう時に、良く乾燥させずに折り畳んでしまった事によって

塩化ビニール同士が張り付いてしまうのです。

新品のビニールプールを購入した時に、白っぽい粉などが付着していたりしませんか?

それがビニール同士の張り付けを防止する役目を果たしていたのです。

プールをしまう時には完全に乾燥させた後に、ベビーパウダーを

全体に付けるのです。

たたみながらでもかまいませんが確実に付けることで、

来年使う時には、ビニールがくっついていない状態を保っていますので、

穴が開く事は無いでしょう。

湿気がビニールを張りつける効果を高めてしまう事なので、

完全乾燥が絶対条件になりますね。

後はケチらずにベビーパウダーを振りかける事です。

来年は、出した日から子ども達がプールで遊ぶ事が出来るのです。

まとめ

ビニールプールの穴の補修方法や穴があかない様にする為の保管方法を紹介しました。

小さい子どもにとっては、ビニールプールは確実に暑さをしのぐ方法ですからね。

それにプールで遊んだ後は、しっかりと昼寝もすることができるので、

暑さバテしないで夏を乗り切れると思います。

毎日水はりをするのも大変ですが、子どもの為と思えば、

ビニールプールの水はりや交換なんて苦にもならないでしょうからね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする