ドライアイスを冷蔵庫に保存しても大丈夫?実際にどうなる?

スポンサードリンク

アイスや冷凍食品を買うと

もらえるドライアイス。

うちでは、水をかけて遊ぶと子供が喜ぶんで、

なんとなくそんなことにしか使っていませんが、

このドライアイス、取っておけたら便利ですよね。

たくさん集めて、

行楽地に行くときにジュースを

冷やすときに使ったり、

あのフワフワっとした湯気を、

もっとたくさん集めて遊んだり!

でも、そういえば、

貯めている人を見たことない・・・。

保冷材は冷凍庫に集めすぎて、

食品の入るスペースがなくなるまで

貯めてしまう(うちの事)、なーんてあるようですが、

ドライアイスはどうなのでしょう?

と、いうわけで、調べてみました!

ドライアイスを冷蔵庫に入れて保存したらどうなっちゃうの?

ドライアイスを冷蔵庫で保存することは、できない・・・

というより、難しいようです。

ドライアイスは、-79℃、冷蔵庫の温度は0~10℃。

冷凍庫の温度でも、-20℃。

全然、温度が違うんですね・・・。

いくら冷蔵庫が涼しいと人間側が感じても、

ドライアイス側からしてみれば+80℃も暑かったら、

とーぜん溶けます。

保存は無理です。

そして、冷凍庫の冷気をもってしても、

ドライアイスの保存は不可能です。

-60℃の差ですからね・・・。

それどころか、冷凍庫のファンの風で、

どんどん溶けます。

どうしても持たせたい!というときは、

ドライアイスを冷凍庫内に入れ、

布や紙で包むといいです。

とにかく、風に当てないのが、

保存に適したやり方なんだとか。

それでも焼け石に水、ドライアイスに冷蔵庫・・・。

保存は無理です。

本当に保存したかったら、

専用の冷凍庫があるそうですよ。

でも、ご商売をされているわけでもなければ、

特にそこまではしないですよね。

お値段も大き目の段ボールサイズで、40万位します。

ドライアイスを冷蔵庫に保存しておくと冷蔵庫が故障しないの?

スポンサードリンク

ドライアイスは溶けると炭酸ガスを発生させます。

これが冷蔵庫に影響を与えないかどうか、気になりますね。

こちらは、特に影響はないようです。

と、言うのも、冷蔵庫も冷凍庫も、

そんなに密閉性はないから、

開け閉めしているうちに、

炭酸ガスは抜けていくそうですよ。

もちろん、故障の原因などにもなりません。

しかし、もっと密閉性のある冷蔵庫では注意が必要です。

過去に、人が入れるような巨大な冷凍庫の中で

作業をしていた人が、酸欠になったことがありました。

中に入っていたドライアイスが溶けて

炭酸ガスが噴き出し、

二酸化炭素を発生させていたそうです。

それを人が吸ってしまったのです。

また、炭酸飲料を作る実験で、

小学生がペットボトルの容器に

ドライアイスと水を入れ、

振っていたら爆発したという事故もあります。

炭酸ガスが中に充満しすぎて、

耐えきれなくなった容器が破裂したのです。

小学生は、大けがを負ったそうです。

そして、ドライアイスが出した二酸化炭素が

室内に出、部屋にいた人間が酸欠になった例もあります。

事務所の中に冷凍庫があり、

そこに大量のドライアイスを保管してあった会社で、

開け閉めしているうちに部屋の中に二酸化炭素が充満したとか。

もちろん、個人で少量使うならここまでの事は

ないと思いますが、換気は行ってくださいね。

冷蔵庫には、ペットボトルほどの密封性はありませんが、

ドライアイスは気を付けて扱うべきもののようです。

また、それほど密封性のない冷蔵庫でも、

中でドライアイスが溶けて炭酸ガスが出ていると、

中でどんどん気体が膨張してきます。

大量のドライアイスを入れるか、

冷蔵庫の容量が小さいかすれば、

支障が出ないとも限りません。

なので、冷蔵庫にドライアイスを入れるのは、

おすすめできません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お店でタダでもらえるドライアイス、

もっともっと活用出来たら良かったんですが、

そうはうまくいかないようですね。

なかなか取り扱いが難しいみたいです。

我が家では、ドライアイスの代わりに、

冷凍庫にたまりにたまった保冷材で

ガマンするつもりです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする