犬や猫などのペットの葬儀に参列するときは香典が必要?服装は?

スポンサードリンク

あなたは犬や猫などのペットを飼っていますか?

ペット葬儀などに参列するとしたらどんなものを

持っていったらいいのでしょう?

服装なども気になりますね。

今回は犬や猫などの葬儀についてまとめてみました。

ペットの葬儀へ行くときの香典は包んだ方がいいの?包む場合の相場はいくら?

●ペットの葬儀への香典に対する考え方
近年ペットブームの中、犬や猫が逝ってしまうと

ペット葬儀を行うことは珍しいことでもなくなりました。

個人の考え方により当然ペット葬儀に対しての価値観も

異なります。

ずっと側にいて家族と同じような存在であったペットが

逝ってしまった現実は、飼い主にとっては深い悲しみとなっていますね。

少しでも飼い主の気持ちを楽にしていく為にも

ペットの葬儀は飼い主にとっては大切なこととなります。

ですが、ペットの葬儀に呼ばれた際、

またはペットが亡くなったという連絡を受けた際の

香典についてはどのように考えたらいいのでしょう。

また、香典を持っていくとしたら

相場はどれぐらいが妥当なのでしょうか?

●ペットの葬儀に呼ばれた場合

以下のようにいくつかの考え方がありますので参考に

してもらえればと思います。

・ペット葬儀に対しては特別な風習とか決まりもないので、

お金としての香典は必要ないと思っている。

・近所で親しくしていて亡くなったペットのことも

よく知っている場合など供養料として2,000円ほど用意する。

・ペット葬儀としての香典を出すことでお返しの負担となるので出さない。

・ペット葬儀としての香典を渡すのではなく、

変わりに菓子折りなどを持っていく。

家族同様にしてきたペットが逝ってしまったことで、

あなたのご友人の悲しみはきっと計り知れないことでしょう。

ペットの葬儀に参列したあなたが、

一緒に在りし日のペットとの思い出を語り、

そして励ましてあげることが何よりのお悔やみとなりますね。

スポンサードリンク

ペットの葬儀へ行くときの服装はどうしたらいい?

●ペット葬儀へいく際の服装

・あまり派手でない紺色や黒っぽい服装で参列するといいでしょう

・喪服をかならず着ていく必要はないでしょう。

●ペット葬儀へもっていくもの

・ペットの好きだった食べ物

・お供えとしての菓子折り

・お供えとしてのお花

生きている人間と同様、

大切にしているペットにもいつか死がおとずれますね。

老衰だったり、病気や事故だったりします。

突然にペットとのお別れとなってしまうこともあります。

あなたのご友人もすっかりと力を落としているかと思います。

ですが、ペット葬儀を行うことは、

飼い主自身が救われる場ともなるといわれています。

あなたのご友人が少しずつ元気を取り戻していけるよう

言葉がけをして励ましてあげましょう。

やがてあなたのご友人もペット葬儀を通して、

気持ちが整理されていくでしょう。

ペット葬儀での香典などへ対しての価値観にとらわれず、

ペットを大切にしていたご友人の気持ちを理解してあげ、

できるだけ側にいてペットの思い出話などを聞いてあげれるといいですね。

まとめ

人にも命があるのと同じようにいつかはペットとのお別れがきます。

そのときにはそれぞれのやり方でペットを葬ってあげることになります。

ペット葬儀をしない葬り方をする人もいるでしょう。

ペットに対しては人の価値観も異なり、

ペットに対しての香典などの考え方は様々です。

ペットの葬儀に香典?と思う人もいるでしょう。

てすが大切な家族の一員として香典は当たり前だと考え人もいます。

そういった気持ちはペットを大切にしていた家族、

または現在ペットと一緒に暮らしている人にしかわからないことです。

あなたが逝ってしまったペットに感謝し、

いつまでも思い出として忘れずにいること・・・

それが天国にいるペットには何よりの供養になることでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする