賃貸の部屋への引っ越し、鍵の受け取りは前日?当日?必要なものは?

スポンサードリンク

初めて賃貸の部屋へ引っ越すとき、

わからないこといっぱいありますよね。

前もってやっておかなくてはいけないこと、

当日にしかできないこと。

引っ越しの最中に困らないようにするためにも

事前に確認しておきたいですよね。

特に初めての引っ越しで問題になるのが

「鍵の受け渡し」。

引っ越しの予定がある方、

いつカギを受け取ることが出来るか、確認していますか?

鍵がないと部屋の中に入れず、

引っ越し作業が始められないですよね。

今回は鍵の受け取りについてご紹介します。

引っ越しの際の鍵の受け取り、前日にもらえないの?

ネットなどには

「鍵はなぜ前日にもらえないのでしょうか?」

「当日に鍵をもらうのって当たり前なの?」

という質問が多く書き込まれています。

引っ越し先の鍵を受け取ることができるのは

入居日というのが基本です。

なぜなら入居日から家賃が発生するからです。

この入居日の前日に鍵をもらうということは

家賃の支払いが無い状態で家の中に入るということです。

家賃が発生していない日であれば

まだあなたのお部屋ではありません。

そういったことを考えれば入居日に鍵をもらうということは

おかしなことではないですよね。

しかし“当日”という考え方は人によって違うかもしれません。

例えば4月1日が入居日の場合はもちろん4月1日に

鍵が渡される予定です。

すぐに住み始めるという方は当日に受け取るという感覚でしょう。

しかし4月1日から借りているけど、

実際は4月5日から住み始めれば

事前に鍵を受け取ったという感覚になるかもしれません。

引っ越し前に住んでいた場所との兼ね合いもあり、

早めに荷物を動かしてしまいたいと思う方は少なくないと思います。

しかし基本は入居日が鍵の受け渡しとなる場合が多いのです。

鍵の受け渡し日の確認をしていなく、

家電の搬送を入居日の前日にしてしまった

スポンサードリンク

という失敗談もありました。

そういった失敗が無いように

鍵の受取日をを考慮したうえで

引っ越しの計画を立てることをおすすめします。

引っ越しの際、鍵の受け取りに必要なものは?何か注意点は?

鍵の受け取りに必要なものは

不動産屋もしくは管理会社によっても違ってくると思います。

何も必要ないというところもあるそうですが、

契約書類、身分証明書、印鑑などが必要と

なることもあるそうなので、

必ず事前に確認しておきましょう。

また鍵の受け取り方法も確認しておかなくてはいけません。

多くは不動産屋もしくは管理会社まで取りに行くそうですが、

賃貸の部屋の前で受け取ったり、

郵送で受け取るという方法もあるそうです。

確認しておかないと鍵の受け渡しがうまくいかず、

引っ越しの計画が崩れてしまうこともあります。

引っ越しは業者に頼んでいたり、

友人に手伝ってもらったりと

1人で行うものではないと思います。

鍵の受け取りで時間がずれてしまうと

他の人にも迷惑が掛かってしまします。

受け取り方法、受け取り時間は必ず

不動産屋もしくは管理会社に問い合わせておきましょう。

鍵を受け取ったら合い鍵の有無や数を確認しておきましょう。

今後また他の場所に引っ越す場合、

鍵を紛失してしまうと問題にもなります。

なくさないためにもしっかりもらった鍵の本数は

確認しておきましょう。

あと合い鍵が使えるか必ず確認しておきます。

あとから合い鍵が使えなかったとなると

自分で修理しなくてはいけなくなるかもしれません。

当日にちゃんと使えるか確認するようにしてください。

不動産屋もしくは管理会社によっては、事情を話せば

前日に鍵を渡してくれるというところもあるそうです。

しかし引っ越しの日にちなどを考慮し

なるべく早くに渡してくれるなどの融通は

残念ですが利かないようです。

まとめ

もし不動産屋もしくは管理会社を通さず、

個人で借りている場合はもしかしたら

色々と違ってくるかもしれません。

鍵を受け取ってからではないと引っ越しは出来ません。

引っ越しを失敗させないためにも

鍵の受け渡しについては事前に確認するのが1番でしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする