冷蔵庫が故障で壊れて冷えない…どうしたらいいの?中身の保存方法は?

スポンサードリンク

急に冷蔵庫が故障・・・

そんな時中に入っているものを

どうしたら良いのか困ってしまいますよね。

代わりの冷蔵庫を持っている方も

いらっしゃらないでしょう。

機械は急に壊れることも少なくありません。

今回は、急に冷蔵庫が動かなくなってしまった場合の

対処法を紹介します。

冷蔵庫が突然故障で中の物が冷えない、どうしたらいいの?修理で直るの?

冷蔵庫が冷えなくなったからといって

必ずしも冷蔵庫が故障したとは限りません。

まず1番初めにコンセントが抜けていないか、

ブレーカーが落ちていないかを確認してください。

また停電ということも考えられます。

特に昼間だと停電は気付きにくいので

テレビをつけてみたりして

停電していないかチェックしてみましょう。

電気が冷蔵庫にちゃんと届いている環境であれば

次は冷蔵庫の設定温度を確認してみてください。

お子さんが触ったりし設定温度が

高くなっていたりする場合があります。

また冷気の吹き出し口を食材などが

塞いでしまっていたり、

霜が出来ていると冷気が冷蔵庫内に循環できず、

冷蔵庫内が冷えないということもあります。

冷蔵庫内を掃除し、

中身を整頓して冷え具合を見てみましょう。

それでも冷えないようでしたら

故障の可能性が高いでしょう。

機械は自分で直そうとすると簡単に

直るものも直らなくなる可能性があります。

必ず専門の方に任せるようにしましょう。

まず修理を依頼するために

購入した電気屋さん、メーカー、近くの電気さんなどに連絡します。

もし保証期間であれば

購入した電気やさんに電話をすると良いでしょう。

現状を伝え出張してもらえる日にちを確認します。

冷蔵庫の修理は部品を取り寄せない限りは

数十分で終わることが多いそうです。

部品を取り寄せるのに

時間がかかってしまうと

数日直るまでにかかることもあります。

但し、必ずも修理で直るというわけではありません。

スポンサードリンク

冷蔵庫の寿命は8~9年といわれています。

かなりお使いのようでしたら

新しいものを購入することになるかもしれません。

緊急で中身を保存する方法ってないの?

修理が来るまでにあまり時間がかからない場合は

食材はそのまま冷蔵庫に入れておいても大丈夫です。

いきなり冷気がなくなるということはありません。

しかし何度も冷蔵庫を開けてしまうと

冷気が逃げて冷えなくなるので、

なるべくは冷蔵庫を開けないようにしておきましょう。

もし修理までに少し時間がかかてしまうようなら

クーラーボックスを活用するのがおススメです。

製氷機から氷を取り出し、

冷凍食品やお肉や魚など

とくに傷みやすいものから入れるようにしましょう。

野菜などは直射日光を避け風通しの良い場所に

保管すれば問題はないでしょう。

もしクーラーボックスをお持ちでなければ、

発砲スチロールでも代用できます。

発泡スチロールは大型のスーパーなどでも

無料に手に入りますし、

近くにお魚やさんやお肉やさんがあれば

そちらでももらうことができ、

簡単に手に入れられると思います。

発泡スチロールの中に氷を入れて

食材を詰めたら日の当たらない場所で

保管するようにしてください。

もし調理できるのであればクーラーボックスなどの

中に入れる食材を減らすことが出来るので

ある程度調理してしまうこともおススメです。

日持ちするようなおかずを作るのがベストでしょう。

また近くにご実家があったり、友人がいるようでしたら

事情を話してどうしても冷蔵庫に入れたいものだけを

お願いするもの良いでしょう。

まとめ

冷蔵庫だけでなく電化製品などは

急に壊れてしまうことがあります。

そうなっても困らないように、

それぞれの家電が壊れたらどうするべきか

ご家族で話し合っておくのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする